犯罪の片棒を担がされる闇金被害者

調べによれば、闇金による悩み相談件数に変化はないようですが、被害者を窮地に追い込むやり方で取り立てする昔ながらの闇金が復活しているようです。

かつて、借りた本人だけでなく家族まで巻き込む取り立てにより、ヤミ金が原因による一家心中が発生したことで闇金の存在が改めて認知されて闇金業者が摘発され取り立ての方法が巧妙になりました。

それでも、ヤミ金自体が無くなったわけではありません。代わりにソフト闇金と呼ばれたように強引な取り立てをする業者が減少しました。

ところが数年前になって、冒頭に述べた過酷な取り立てを行うヤミ金が復活しているようです。

闇金の貸金回収方法は、不安と恐怖を与え利用者の家族そして勤務している職場にも嫌がらせをするのは、本人よりも第三者から返済させるものです。

利用者自宅の玄関先で恫喝したり、また、職場へ頻繁に電話をかけ職場に居ずらくします。

被害者の多くは最終的に追い込まれるまで一人で何とかしようと考えます。その被害者心理につけ込み、目的を達しようとするのです。

闇金利用者の中には、借金を返すために借金をするという利用者本人に限らず家族も被害者になります。
また、大問題なのが本人が知らない内に新たな闇金被害者を生む手伝いをさせられることです。

その犯罪のやり方は、被害者が切羽詰まった借入時や返済期限に利用者名義で携帯電話契約をさせ、銀行口座を新たに作成させられて、闇金はそれらを使って更なる犯罪の拡大を図ります。

ヤミ金 被害