闇金には専門家を

生活していると、現金支払いが発生した。しかし手元に資金はない。でも親戚や友人には恥ずかしいので知られたくない、そんな状況で、消費者金融から借金をする人もいまが、それ自体は止められません。金利は高めですが、即日に借りれるのは大いに助かりますから。
誰でも借りれる代りに保証人を巻き込んだ厳しい取り立てがあります。そのために遅延損害金など約定を知らないと、取り返しがきかなくなるかもしれません。

返すことが出来ないようにならないために、さらなる借金をする借金の連続で借金が膨れ上がります。次のステージが闇金融となります。ただ、これまでの貸金業と違い違法な相手になります。

それでは、よく知られる金融業者と闇金融との違いについて。

通常、法律で定められた貸出利率を超える金利で融資している事業者、貸金業を営んでいるにも関わらず登録していない業者を、ヤミ金融業者といいます。さらにいえば、正規の登録貸金業者であっても決められた金利を超えて貸し付けすれば正規貸金業者ではなく闇金融となります。
一昔前までは、市中の貸金業の金利として「トイチ」と呼ばれるものがあります。言い換えれば、10日間借りて1割の利息を支払うものです。それが今の闇金になると、かつての2~3倍、年利では720~1080%にもなっています。そのために、年利1080%で10万円を借りてしまえば1年間の利息は、スゴイことには、にわかに信じられないほどの金額、108万円です。どう働いてもこんな金額を返済していくことは不可能です。

弁済が1日遅れると、闇金業者による過酷な取立てが始まります。昼夜の関係なく、根をあげるまで何回も督促電話をかけ、自宅や職場にまで集金に来たり、恐ろしい脅迫まがいの大声で回収しようとします。前に述べたよううに、ヤミ金業者は定められた金利の何倍もの違法な高金利、そして酷い取り立てにより、仕事などの生活基盤を破壊してしまいますから、絶対に闇金から借りてはいけません。

しかし、すでに闇金から借りている方は、自力で解決しようと考えないで、今すぐに闇金問題のプロ、弁護士・司法書士に相談しましょう。違法な存在であるヤミ金融の貸付金は、返済する義務はありませんし、条件次第では、ヤミ金への返済金を取りかえし、取り立ての恐怖に怯えなくてもよい静かな生活ができます。

経歴のある弁護士・司法書士といっても、闇金融業界の知識と経験がある、弁護士や司法書士などの専門家に相談することが必要です。司法書士もしくは弁護士事務所と大きく看板表記されていても、それぞれ得意とする分野が違います。一際、ヤミ金融業界は、違法な活動で収益をあげている犯罪者集団です。通常の法律専門家であっても、やさしい相手ではありません。

それについては先で述べたように知識と実績が一番必要です。
だとしたら、どうやって該当する弁護士や司法書士を探したらよいのでしょうか。手っ取り早く簡単に見つけられるのはネット検索でしょう。闇金融問題に対する能力がある弁護士や司法書士ならば、そのスキルを看板にしているはずです。
xn--s0yr76au1ax9cmto.com