債務整理とブラックリスト

一般的に、債務整理を行うとブラックになりますが、任意整理を選んだ人ならば金融機関の各種ローンを利用できる可能性があります。債務整理の中でも、支払いを続けるという姿勢を掲示できる任意整理は、官報に公告されることもありません。
過去の返済時に過払い金があれば、返還請求した過払い金で借金を返済できる場合もあります。

このケースではブラックリスト登録者として対応される不安はなくなります。個人で債務整理を行う人は稀です。

多くの人が弁護士などの専門家にお願いすると思いますが、タダではありません。
返済が行き詰ったから依頼したいのに、どうしてお金を取られるのかと不快な気持ちになる人も多いのですが、こればかりは、どうしようもないでしょう。

けれども、状況に応じて、支払方法を分割や後払いに変更可能など、柔軟に対応してくれる事務所も多いです。初めから諦めずに、まずは相談してみてください。

借金の返済が不可能になって債務整理で借金を処分したのなら、JICCやCICといった信用情報機関に債務整理の情報が残り、いわゆるブラックになります。

なお、この期間ですが、JICCの場合、債務整理の種類に関係なく、約5年ほど記録が残ります。また、CICは、自己破産に限って約5年の記録が残りますが、別の方法で債務整理を行っている場合、情報は登録されないようです。

借金の悩み
ブラックになっている期間中は、ローンやキャッシングが使えないといったことが考えられます。
借金地獄に陥ってしまった人の一部には、うつ病などの精神疾患で膨大な債務を抱えてしまうという人も少なくありません。
仕事に行けずに、返済ができなくなったり、生活が苦しくなって借金していたら支払できない程の借金を抱えてしまったとは、誰だって言いたくはありません。

でも、そのせいで辛い思いを一人で抱え込みやすいと言えます。
こうした背景がある為に、うつ病を発症したり、悪化したりすることも多いようです。

子供がいる人が債務整理をすると、本人がブラックになることは避けられませんが、子供の教育のためのローンが使えるか否かは、大きな問題です。主な教育ローンですが、銀行のサービスと、一般的に「国の教育ローン」といわれる日本公庫が提供しているものの二つがあります。

民間の金融機関も日本公庫も、共にブラックリストの情報を共有しているため、ブラックになっているとどちらの教育ローンの利用も難しくなってしまいます。

当然のことですが、債務整理の対象は債務者の債務と財産です。
そのため、結婚の予定があっても無関係です。
債務整理の結果、相手に返済義務が譲渡されるということは100%ありませんから、心配しないでください。ただ、婚約者にとって、相手が債務整理をしているということは重要な問題になると思います。

きちんと事実を相手に話し、実際に結婚に進むべきです。
債務整理をしたら、ブラックが解除されるまで金融機関から融資を受けることができなくなるのでしょうか。法律では、債務整理者の借入の制限がかかるようなことはありません。
ですから、絶対に借入できないというわけでもありません。

ですが、銀行のローンや多くの消費者金融からお金を借りることは厳しいでしょう。
逆に、小さな消費者金融では審査をパスできるかもしれないので、調べてみると良いでしょう。
一部の債権者を選んで借金の整理をする任意整理とは違い、その他の債務整理は、基本的にすべての債務を一度に整理します。法の手続きをとっていない任意整理では、主に、相手方との交渉で進んでいくので、強制的に和解交渉を進めることはできません。

弁護士事務所などを通した方が安心ですが、もし、弁護士などに依頼するのなら、債務の詳細をすべて申告しましょう。

ブラックリストに関してもう一つ話題を。
それはヤミ金融と債務整理の関係です。闇金からの借金を清算するには裁判所を通しての債務整理は基本的にできません。というか相手が裁判所に出向きません。

なぜなら違法な存在である闇金業者が出向いても彼らにメリットがないからです。
闇金問題を解決するには、闇金に関して経験と知識がある弁護士か司法書士が開設している無料闇金相談に連絡して解決するのが一番簡単で手っ取り早い方法です。