闇金についてのある相談者の話

闇金についてのある相談者の話
「闇金から1週間で3割の利子で借りて、今まで利子を払っていたのですが、だんだん払えなくなってきました。
どうしたら、良いですか?
もし、払わなくなったら何かされますか?」

こういう質問が来るのがある意味信じられません。

闇金業者の立場になれば、当然に何とかして返済を続けさせようとします。

その手法は、脅しと嫌がらせです。

闇金被害
貸付した時に、債務者から聞き取った勤務先、身内、実家及び現住所の隣人などに電話をします。

また、債務者やその家族の名前をかたって寿司やピザ出前や救急車、消防車などが家に来るように仕向けます。

その場合の対策として警察に行き相談するのが費用がかからず一番手っ取り早いですが迅速に対応してくれません。

「闇金からの電話には出るな!」などや「傷害や金品の破損被害があったら来てください」と言われるように警察は積極的に動いてくれない場合が多々あります。

闇金被害を積極的にを扱ってくれるには有料の弁護士、司法書士事務所となります。

闇金被害の相談は電話やメールならば無料で出来ますが依頼するとなれば1件あたり5万円前後になるでしょう。

まぁ、闇金に返済する金額を考えれば安いもんでしょうね。

直接に弁護士や司法書士に相談したくない場合には法テラスや各都道府県にある貸金業協会などの公共機関を利用する方法もあります。

ただ、最終的に闇金業者と対峙するのは弁護士か司法書士になるのは変わりません。

ネットでは、全国対応の闇金被害の専門家(弁護士・司法書士)が見つけられますので探してみましょう。